FC2ブログ

音楽の知識もまるでないのに、勢いでボカロユーザーに・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MIXで気をつけること

といっても、割と間違えてた事が多いので、まだまだ間違いがあると思います。

MIXするとき、必ずと言って使うのがEQとかリミッターとかコンプとかリバーブなどのいわゆる空間系とか。

まぁ、その中でも、特にリミッターとコンプを混同してたりとかしてたので。

リミッターとコンプは同じように音圧をあげるように見えて実はやってることが違います。

うまく説明出来ればいいのですが。

リミッターは0db以上になった音を容赦無くぶった斬ります。
切られるのはアタック音だったりするのでボーカルなんかだと子音が削られる結果になりがちです。

コンプはかかり具合を調節するわけですがその話は今回しません。
大きすぎる音を切ってしまわずに山の頂点を押し下げてなだらかにして圧縮します。
音のレベルが高いところに注目がいきそうなのですが、実はもっと大切なことがあります。
全体的に押し上げた後0dbを越えてしまう大きい山をなだらかに小さくするのでそれ以下の小さい山とのレベル差が縮まる形なるため比較的音が均一な大きさになります。
大きすぎる音を抑えて小さすぎる音を押し上げる。
だからぐっと圧縮するからコンプレッサーってわけです。
とりあえず、プリセットを使うのがわからないあんずにとってはいいのです。
なのでボーカルの音が小さい時かけてやるべきはコンプってわけです。

それからオケやボーカル、コーラスなどの大きさの調節はコンプだけでするわけじゃないです。
ある程度音を持ち上げることだけしかしません。
何で調節するかっていうと音量つまみでやります。
爆音でずっと聞いてるとよくわからないので、PCのボリュームを絞って聞こえるかどうかの小さい音である程度バランスを決めます。
その後大きめの音で聞いてみて細かいバランスを決めるとやりやすいです。

んで、MIXするときは各トラックが0db振りきってしまわないように注意してます。

MASTERトラックでリミッターをかけます。ここではじめて出番なのです。
これもガシガシ削りすぎてしまうと、きれいな音にならなくなってしまうので、程々に。
プロじゃないし使ってる機材がそもそも違うのであんずにはプロのCDの音量まで音圧を上げられません。

ってか、昔のCDって今のほど音大きくなかったです。
今はめちゃめちゃ音圧あげるのが流行りなんでしょうか?

よくわかりませんけど。

リミッターとコンプはちゃんと使いわけよう。って話でした。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

あんずP

Author:あんずP
どうもあんずPです。
ブログ引っ越しました。

あまりないとは思いますが、もしも私の音声データを使用したいと思われる方がいらっしゃいましたら、wavデータをお渡ししますので、一言お声をお掛けくださいませ。
無断使用がどうのじゃなくて、どうせなら綺麗な音で作ったほうが私もあなたもハッピーということです。

ぼちぼちここにもピアプロからリンクしてイラストを置いていこうかと思ってますが、それも同じくです。
万が一ご使用になりたい場合(無いと思うが)お声をかけてくださると嬉しいです。
何らかの加工が必要な場合はこちらで行います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。