音楽の知識もまるでないのに、勢いでボカロユーザーに・・・。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てすと

スポンサーサイト

MIXで気をつけること

といっても、割と間違えてた事が多いので、まだまだ間違いがあると思います。

MIXするとき、必ずと言って使うのがEQとかリミッターとかコンプとかリバーブなどのいわゆる空間系とか。

まぁ、その中でも、特にリミッターとコンプを混同してたりとかしてたので。

リミッターとコンプは同じように音圧をあげるように見えて実はやってることが違います。

うまく説明出来ればいいのですが。

リミッターは0db以上になった音を容赦無くぶった斬ります。
切られるのはアタック音だったりするのでボーカルなんかだと子音が削られる結果になりがちです。

コンプはかかり具合を調節するわけですがその話は今回しません。
大きすぎる音を切ってしまわずに山の頂点を押し下げてなだらかにして圧縮します。
音のレベルが高いところに注目がいきそうなのですが、実はもっと大切なことがあります。
全体的に押し上げた後0dbを越えてしまう大きい山をなだらかに小さくするのでそれ以下の小さい山とのレベル差が縮まる形なるため比較的音が均一な大きさになります。
大きすぎる音を抑えて小さすぎる音を押し上げる。
だからぐっと圧縮するからコンプレッサーってわけです。
とりあえず、プリセットを使うのがわからないあんずにとってはいいのです。
なのでボーカルの音が小さい時かけてやるべきはコンプってわけです。

それからオケやボーカル、コーラスなどの大きさの調節はコンプだけでするわけじゃないです。
ある程度音を持ち上げることだけしかしません。
何で調節するかっていうと音量つまみでやります。
爆音でずっと聞いてるとよくわからないので、PCのボリュームを絞って聞こえるかどうかの小さい音である程度バランスを決めます。
その後大きめの音で聞いてみて細かいバランスを決めるとやりやすいです。

んで、MIXするときは各トラックが0db振りきってしまわないように注意してます。

MASTERトラックでリミッターをかけます。ここではじめて出番なのです。
これもガシガシ削りすぎてしまうと、きれいな音にならなくなってしまうので、程々に。
プロじゃないし使ってる機材がそもそも違うのであんずにはプロのCDの音量まで音圧を上げられません。

ってか、昔のCDって今のほど音大きくなかったです。
今はめちゃめちゃ音圧あげるのが流行りなんでしょうか?

よくわかりませんけど。

リミッターとコンプはちゃんと使いわけよう。って話でした。

しばらく放置してしまったので。

調声メモとかそんなすごいものははっきり言って書けません。

人それぞれやり方が違うし、いろんな人のところに書いてあることを実際に試してみる。
んで自分に合ってそうなら取り入れてみる。
おいしいとこ取りしたらいいと思ってます。

でもって、おいしいものを提供出来れば良いのでしょうけれど。
ないのよねこれがwww

どうやってるの?ってくらいすごいことしてたら書けるんでしょうけど、してないですから。

譜割りがんばれ!しか言えないw
不自然に聞こえるところはなんとかして少しでも自然に聞こえるように音符の長さなんかを調節する。
あとは、無声音ってあれですね。

かいにいとキヨテルではエンジンが違うから発音のさせ方も微妙に変わります。
V3はまだ触ったことないからわかんないですけど。

[da n s]これでかいにいは「す」を無声音化してダンスって歌います。
[da N S s] [M]キヨテルはこうやって「う」を少し開けて発音させないと「す」の無声音が聞こえないので、
[M]をごくごく小さい音VELをめっちゃ下げてでもゼロでは意味が無いのでごくかすかに。
そして[s]だけじゃどうも弱い気がして[S]付け足したりしました。
って感じでようやくそれっぽく歌ってくれました。

かいにいのほうが素直ですね。
「ん」とかもそうなのですけど。
キヨテルはたまに聞き取れないくらい小さい声になったりして[N¥]とかってしてあげないとダメとかw

発音がイマイチと言われるキヨテルですが実は割と発音がいいのです。
更に良くして上げようとすると。
OPEをいじってあげるといいです。
口の空き具合を決めてあげる設定値です。
基本「あいうえおん」だけ考えます。
デフォルトでは目一杯開けて歌ってるから、「あ」以外は微妙に閉じてやるといいわけです。
開けてる感じとしては あ→え→う→い→お→ん って感じのつもりであんずはしてます。
自分で声に出さなくていいから「あえいうえおあお」ってあれを思い切り大げさに口でやってみるとわかるかと思います。
それでも気分の問題です。
だからめちゃくちゃがっつり削ったりしません。
「お」で真ん中行くかな~?って程度で次の音に向かってつないでやらないとダメなので常に動いてるカーブです。
「青いわね」って発音するとして。「あ」は全開ですので「お」に急激に下がって「い」で持ち上げ、「あ」まで上げて「え」のとこでちょい下げ。みたいな感じのカーブを描きます。
前後の音で下げ幅を適当に決めてあんまり強引にしない感じ?

ちょっと古いけど映画の「AKIRA」で「もう寄せテツオ殺す気か?」って最初の方のセリフは映画に慣れてないので
ものすごい口をコイみたいにパックパクしてる感じがします。
あれって人間はあそこまでバクバク口を開け閉めして喋らないから変な感じするんですよね。
それと同じで、そんな激しいこと要らないです。
気持ちそうやってやればいいってだけですからw

ほかにもいろいろいじりますけど。
良くなってるのかどうか実際わかりません。

無調声で歌わせても全然かいにいもキヨテルも問題なく歌ってしまえる曲も多いんです。
ボカロは歌が上手いから、自分のこだわりみたいな感じかなぁ?
悪くなってるんじゃないかという気がしないでもないです。

あんまり発音記号をいじらないので間違えてたらごめんなさいw←
プロフィール

あんずP

Author:あんずP
どうもあんずPです。
ブログ引っ越しました。

あまりないとは思いますが、もしも私の音声データを使用したいと思われる方がいらっしゃいましたら、wavデータをお渡ししますので、一言お声をお掛けくださいませ。
無断使用がどうのじゃなくて、どうせなら綺麗な音で作ったほうが私もあなたもハッピーということです。

ぼちぼちここにもピアプロからリンクしてイラストを置いていこうかと思ってますが、それも同じくです。
万が一ご使用になりたい場合(無いと思うが)お声をかけてくださると嬉しいです。
何らかの加工が必要な場合はこちらで行います。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
このブログをリンクに追加する
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。